POEMS 中村叶の詩

 

  糖尿病の「健康美」
  〜ミスアメリカ1999の物語〜



 ニコール、最近疲れている様子ね
 大丈夫?
 
あまり無理しないようにな

 両親がニコールに声をかけた
 ニコールはにっこり微笑んだ
  大丈夫
  ミスアメリカに選ばれるようにがんばるわ

 ニコール・ジョンソンは1974年生まれ
 愛くるしい笑顔で愛された少女は
 人も羨むような美貌の持ち主に成長し
 フロリダ州の大学に入学した

 友人のすすめで地元のミスコンテストに出場
 最初は奨学金目当てだった
 でも
 コンテストは自分を表現する場
 コンテストへの参加に意義を見いだした

 19歳になったニコール
 ミスアメリカのコンテストに出場しようと思った
 ミスアメリカは全米で最も権威のあるミス
 各州の代表の中から選ばれる
 容姿端麗であることはもちろん
 知性や教養も重要視されるので
 外見だけではミスアメリカにはなれない

 
 ミスアメリカを目指すの
 自慢の娘の大きな夢に両親は喜んだが
  ちかごろニコールは疲れている様子だね
 と、心配もした
  あまり無理しないようにな
  大丈夫よ
  ミスアメリカに選ばれるようにがんばるわ
 ニコールは笑顔で答えたものの
  最近急に体重が減ったわ
  それに、疲れやすくなった

 1993

 ニコールは予選を勝ち抜いていった
 州の代表を決めるミスフロリダコンテスト
 最終審査に残った
 1
位になればミスアメリカコンテストへの出場権が得られる
 
大切な大会だった

 最終審査まであと数時間
 ニコールは激痛に襲われた
 それまで経験したことのない激しい痛み
 意識を失って病院に運ばれた

 意識が戻ると
 医者は病気が見つかったと告げた
 病名は1型糖尿病
 生活習慣病の2型糖尿病とは違って
 幼児や10代の若者にも多く見られる病気だという

 血液中の糖の量が増えすぎたとき
 血糖値を下げるのはインスリンという物質
 そのインスリンを作り出す膵臓(すいぞう)内の細胞を
 免疫細胞が誤って破壊してしまので起きる病気
 毎日インスリンの投与をせねばならず
 適切な措置を怠ると死に至る

 ニコールは死を覚悟し
 人生に絶望した
 生きる気力をなくし
 自暴自棄になった

 甘い物を大量に食べようとしたりもした
 それは糖尿病患者には自殺行為に等しいのに

 毎日インスリン注射を打ち続けなければならない
 そのストレスから
 両親につらく当たったりもした

 自分が1型糖尿病だと知ったショックで
 学校へも行けなくなり
 大学を中退した
 感情のコントロールもできなくなっていた

 容態が落ち着いてから
 ニコールは他の大学に入学しなおした

 友人には自分の病気のことを隠していたので
 甘い物を食べに行こうと誘われても
 理由を告げることもできず
 ただ断るしかなかった


 あんなに明るいニコールだったのに
 明るさは取り戻せなかった

 ある日

 ニコールは強いめまいに襲われて倒れた
 病院のベッドの上で意識が戻ると

 すぐに母親に尋ねた
  友達の誰かに、これのことを知られちゃった?

 ニコールは少し前から
 インスリンポンプという携帯用装置を身に付けていた
 あらかじめ注入量をセットしておけば
 自動的にインスリンが投与される装置だった

  友人が病気のことを知ったらどう思うだろう
  病気のせいで自分は何もできないと思われたくない
 ニコールは友達に病気だと知られるのを恐れていた
 ありのままの自分を恥ずかしく思って
 消極的になっていた


 入院中のある日
 小さな男の子がニコールの病室にやってきた
 ニコールのインスリンポンプを見て
 僕も今日からつけているんだよ
 これから毎日一緒だから

 仲良くしなさいって
 お母さんが言っていたよ
 お姉ちゃんはこれと仲良くしている?
 僕は野球の選手になるんだ
 お姉ちゃんは何になりたいの?

 小さな男の子は
 見舞いに来た友達にニコール・ジョンソン
 インスリンポンプを見せて
 自慢して笑っていた

 ニコールの心のなかで
 なにかがはじけた

 私がハンディだと思っているこの装置を
 インスリンポンプを
 この小さな子は自慢している
 
この子は野球選手になる夢を持ち
 あるがままの自分を友達に見せて

 笑っている
 病気を隠そうとして
 命を落としそうになったこともある
 自分は・・・


 あなたは野球の選手になるのよね
  うん、そうだよ  お姉ちゃんは?
 私はミスアメリカになるの!
  ふ〜ん それって むずかしいの?
  ぼくは それ 知らないけど お姉ちゃんがんばってね
 ありがとう

 ニコールは再びミスアメリカへの挑戦を決めた
 24歳になっていたニコールには
 これが最後のチャンスだった 
 年齢制限があるのだった

 私が苦しんできた糖尿病
 多くの人が同じように苦しんでいる
 でも、社会の理解は充分じゃない
 私はミスアメリカに挑戦するなかで
 糖尿病への理解を訴えよう

 君は病気だからミスバージニアにはなれないよ
  病気をもっていたってミスにはなれるわ
  私には伝えたいメッセージがあるんだもの
  ミスアメリカになって
  糖尿病のことを多くの人に伝えたいの
  糖尿病だからといって
  少し前の私のように
  消極的に生きていく必要はないのよ
 
 予選で糖尿病への理解を積極的に訴えたニコール
 バージニア州の最終審査に残り
 1998年度ミスバージニアに選出された
 ミスアメリカへの出場権を
 五年越しの夢を
 手に入れたのだった
 
 友達にも病気を隠していた自分が
 ありのままの自分を出したら
 道が開けてきた


 1998年9月
 全米50州から集った
 健康美を誇る美女たち
 その中にあってニコールは
 糖尿病患者に対する社会の理解を訴えかけた

 知性、教養、健康美
 すべてが求められるミスアメリカのコンテスト

 自分の名前が呼ばれた瞬間
 信じられない思いでいっぱいになった
 糖尿病患者の自分が健康美のクイーンになったなんて


 ミスアメリカになって一年間
 ニコールを待っていたのは分刻みのスケジュール
 その激務の中で
 折にふれて
 糖尿病患者に理解を! と訴えた
 予備軍を含めると
 全米では1600万人にも達する
 糖尿病の患者

 周囲の理解があれば
 糖尿病であることはハンディにはならない

 ニコールの活動によって
 若い女性患者が
 インスリンポンプをつけるのに抵抗を感じなくなった

 1999年12月には日本も訪れ
 日本の多くの糖尿病患者に勇気を与えたニコール

 世の中には糖尿病に苦しむ人々がたくさんいます
 治療法が見つかるまで
 自分は糖尿病と上手につき合っていきます
 うまくつきあっていけば
 糖尿病でも何でもできるのです
 治療法が見つかって
 糖尿病に苦しむ人々がいなくなるまで
 自分はこの活動を続けます

 2000年7月ニコールは結婚した
 深く自分を理解してくれているパートナーと
 幸せに暮らしている
 今も講演活動などを行い
 糖尿病患者に理解を! と訴えつづけている


 ニコール・ジョンソンが
 いつまでも「健康美」に輝いているのは

 
病気があるからといって
 消極的になる必要などない

 と、多くの人に勇気を与えつづけているからだろうか

                   このページのトップへ
POEMS 中村叶の詩
                

                

 
 
 
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO